JRS Store|一般社団法人日本呼吸器学会

 
Home > ガイドライン > 薬剤性肺障害の診断・治療の手引き

商品イメージ拡大
 
薬剤性肺障害の診断・治療の手引き
商品コード jrs049
販売価格 3,240円 (送料無料)
購入数量
1 以上購入できます。




商品詳細情報

目次

はじめに
 「薬剤性肺障害の診断・治療の手引き」作成委員一覧
 主な略号一覧
 薬剤名一覧 一般名(和名)
 薬剤名一覧 略号

第I章 薬剤性肺障害の基礎知識
 A.定義と疾患概念
 B.臨床病型とその考え方
 C.発生機序
  1.細胞障害性と免疫系細胞の活性化
  2.リスク因子 - 薬剤性肺障害における先行肺病態
 D.疫学
第II章 薬剤性肺障害の診断・鑑別診断
 A.診断基準
 B.診断の手順と鑑別診断
  1.症状、医療面接、身体所見、薬剤摂取歴
  2.診断・鑑別診断のためのフローチャート
  3.各種検査の意義
 C.血液検査
  1.非特異的な炎症反応、組織障害、アレルギー反応をみる検査
  2.間質性肺炎のマーカー(KL-6、SP-A、SP-D)
  3.薬剤リンパ球刺激試験(DLST)
  4.感染症の検査(迅速診断を中心に)
  5.その他の疾患を鑑別するための検査
 D.胸部画像所見
  1.薬剤性肺障害の画像所見(単純X線撮影、CT)
  2.画像パターン分類
  3.画像所見による鑑別診断
  4.薬剤性肺障害診療における画像診断の役割
 E.気管支肺胞洗浄(BAL)
 F.肺病理組織所見
 G.薬剤負荷試験
第III章 薬剤性肺障害の治療法と予後
 A.治療の実際
 B.治療の反応性
第IV章 薬剤性肺障害の臨床病型と主な原因薬剤
 A.間質性肺炎
 B.肺水腫
 C.薬剤性好酸球性肺炎
 D.気道系病変
 E.肺血管病変
  1.肺血栓塞栓症
  2.肺胞出血
  3.肺高血圧症
 F.胸膜病変
 G.呼吸中枢傷害、神経・筋障害
 H.その他の臨床病型
第V章 各種の薬剤による肺障害
 A.抗悪性腫瘍薬
  1.アルキル化薬
  2.代謝拮抗薬
  3.抗悪性腫瘍性抗生物質
  4.微小管阻害薬
  5.トポイソメラーゼ阻害薬
  6.白金製剤
  7.Cytokine
  8.分子標的治療薬
   a.Gefitinib(イレッサ®)、erlotinib(タルセバ®
   b.抗体製剤
   c.Bortezomib(ベルケイド®
   d.Sorafenib(ネクサバール®)、sunitinib(スーテント®
   e.mTOR阻害剤─everolimus(アフィニトール®)、temsirolimus(テムシロリムス®
   f.Imatinib(グリベック®)、dasatinib(スプリセル®)、nilotinib(タシグナ®
   g.その他
  9.ホルモン製剤
  10.BCG(intravesical)
 B.関節リウマチ(RA)治療薬
  1.低分子抗リウマチ薬
  2.低分子免疫抑制薬/抗リウマチ薬
  3.生物学的製剤
 C.Interferon
 D.免疫抑制薬
 E.漢方薬
  1.小柴胡湯
  2.その他の漢方薬
 F.抗菌薬
 G.抗循環器病薬
  1.Amiodarone(アンカロン®
  2.その他抗循環器病薬
 H.抗糖尿病薬
第VI章 放射線照射による肺障害
第VII章 症例呈示
 症例1.Gemcitabine(ジェムザール®)により急性の経過で画像上過敏性肺炎類似のすりガラス様陰影を呈した1例
 症例2.Gemcitabine(ジェムザール®)による急性肺障害の1例─左側優位にびまん性肺胞傷害(DAD)パターンを呈した死亡例─
 症例3.Docetaxel(タキソテール®)により亜急性の経過で広汎なすりガラス様陰影を呈した死亡例
 症例4.Interleukin-2(イムネース®)による胸水貯留例
 症例5.Erlotinib(タルセバ®)によりびまん性肺胞傷害(DAD)を呈した死亡例
 症例6.Rituximab(リツキサン®)による急性肺損傷(ALI)/急性呼吸窮(促)迫症候群(ARDS)の病態を呈した1例
 症例7.Everolimus(アフィニトール®)による肺障害の1例
 症例8.低用量methotrexate(リウマトレックス®)による非心原性肺水腫の1例
 症例9.Methotrexate(リウマトレックス®)による肺障害の1例
 症例10.Infliximab(レミケード®)による急性経過の肺障害の1例
 症例11.芍薬甘草湯によりCD4優位の肺障害を呈した1例
 症例12.Minocycline(ミノマイシン®)による急性好酸球性肺炎
 症例13.Mesalazine(ペンタサ®)による器質化肺炎の1例
第VIII章 医薬品副作用被害救済制度
第IX章 薬剤性肺障害が疑われた際の文献検索の方法
付録 MedDRAの肺副作用の名称一覧
索引

作成委員会

薬剤性肺障害の診断・治療の手引き作成委員会

作成委員(五十音順)

吾妻安良太 日本医科大学内科学(呼吸器・感染・腫瘍部門)
金澤  實 埼玉医科大学呼吸器内科
亀田 秀人 慶応義塾大学医学部内科学教室リウマチ内科
楠本 昌彦 国立がん研究センター中央病院放射線診断科
久保 惠嗣 信州大学医学部内科学第一講座―委員長
弦間 昭彦 日本医科大学内科学(呼吸器・感染・腫瘍部門)
西條 康夫 弘前大学大学院医学研究科腫瘍内科学
酒井 文和 埼玉医科大学国際医療センター共通部門画像診断科
杉山幸比古 自治医科大学内科学講座呼吸器内科学部門
巽 浩一郎 千葉大学大学院医学研究院 呼吸器内科学
土肥  眞 東京大学医学部アレルギー・リウマチ内科
徳田  均 社会保険中央総合病院呼吸器内科
橋本  修 日本大学医学部内科学系呼吸器内科学分野
服部  登 広島大学大学院医歯学総合研究科分子内科学
花岡 正幸 信州大学医学部内科学第一講座―委員会事務局
福田  悠 日本医科大学解析人体病理学

作成協力者(五十音順)

大森  栄 信州大学医学部附属病院薬剤部
郡  美佳 埼玉医科大学国際医療センター造血器腫瘍科
小林 朋子 日本大学医学部内科学系呼吸器内科学分野
斉藤 好信 日本医科大学内科学(呼吸器・感染・腫瘍部門)
高橋 典明 日本大学医学部内科学系呼吸器内科学分野
坂東 政司 自治医科大学内科学講座呼吸器内科学部門
丸山 順也 信州大学医学部附属病院薬剤部
和田 洋典 信州大学医学部内科学第一講座

発行者

日本呼吸器学会 代表 西村 正治