JRS Store|一般社団法人日本呼吸器学会

 
Home > ガイドライン > 在宅呼吸ケア白書2010

商品イメージ拡大
 
在宅呼吸ケア白書2010
商品コード jrs008
販売価格 2,100円 (送料無料)
販売状況 在庫限りで販売終了です
購入数量
1冊 以上購入できます。




商品詳細情報

在宅呼吸ケア白書2010

 

目 次
i はじめに
iii 在宅呼吸ケア白書ワーキンググループ
iv 白書作成経緯
第1部 医療担当者アンケート調査結果
 [1] 在宅酸素療法
 A.在宅酸素療法の施行状況・患者の内訳
 B.在宅酸素療法の導入基準・検査・処方
 C.在宅酸素療法の指導管理
 D.在宅酸素療法の診療体制
 E.在宅酸素療法の機器に対する評価・要望

 [2] 在宅非侵襲的陽圧換気療法(在宅NPPV)
 A.在宅非侵襲的陽圧換気療法(以下在宅NPPV)の施行状況・患者の内訳
 B.在宅NPPV の導入基準・検査・処方
 C.在宅NPPV の指導管理
 D.在宅NPPV の診療体制
 E.在宅NPPV の機器に対する評価・要望

 [3] 在宅気管切開下陽圧換気療法(在宅TPPV)
 A.在宅気管切開下陽圧換気療法(以下在宅TPPV)の施行状況・患者の内訳
 B.在宅TPPV の処方
 C.在宅TPPV の指導管理
 D.在宅TPPV の診療体制
 E.在宅TPPV の機器に対する評価・要望

 第2部 患者アンケート調査結果
 [1] 背景
 A.現在実施している呼吸ケア
 B.患者背景
 C.患者会について

 [2] 日常生活について
 A.同居している家族について
 B.喫煙について
 C.日常生活動作における息切れについて
 D.日常生活での介助について
 E.通院以外での外出について
 F.旅行について
 G.仕事について
 H.病気になってからの社会生活の変化
 I.現在の楽しみ
 J.日常生活に望むこと

 [3] 通院について
 A.受診医療機関
 B.定期的な診察頻度
 C.通院時間・方法について

 [4] 療養について
 A.過去1 年間の入院回数、救急外来受診回数
 B.ワクチン
 C.療養日誌
 D.病状の変化への対応
 E.歩行や体操などの運動の実施
 F.呼吸リハビリテーションについて
 G.療養の参考になる本やパンフレット
 H.パルスオキシメータについて
 I.療養生活、指導に対する要望
 J.呼吸器疾患別使用薬剤

 [5] 経済的負担について
 A.在宅での療養にかかる費用

 [6] 身体障害者福祉の利用について
 A.身体障害者手帳の所有
 B.認定について
 C.身体障害者手帳で受けているサービス
 D.手帳の取得の勧め
 E.身体障害者手帳以外の福祉資源の利用

 [7] 介護保険について
 A.介護保険の申請
 B.認定された要介護度について
 C.介護保険による介護状況の変化
 D.介護保険で利用しているサービス
 E.介護保険を利用しない理由
 F.介護保険施設への入所について

 [8] 在宅酸素療法について
 A.在宅酸素療法実施年数
 B.在宅酸素療法に期待する効果
 C.医師から指示されている処方流量
 D.吸入時間
 E.外出時の酸素吸入
 F.在宅酸素療法を始めてから改善されたこと
 G.在宅酸素療法を始めてからの不安や不満
 H.在宅酸素療法に使用する機器の保守管理について
 I.酸素供給業者について
 J.機器について
 K.在宅酸素療法に対する要望

 [9] 在宅人工呼吸療法について
 A.現在行っている在宅人工呼吸療法
 B.在宅人工呼吸療法実施年数
 C.人工呼吸器の装着時間
 D.在宅人工呼吸療法を始めてから改善されたこと
 E.在宅人工呼吸療法を始めてからの不安や不満
 F.在宅人工呼吸療法に使用する機器の保守管理について
 G.在宅人工呼吸器の保守管理業者について
 H.機器について
 I.在宅人工呼吸療法に対する思い

 第3部 在宅呼吸ケア白書ワーキンググループによる要約と提言
 I.白書にみられる患者ニーズの要約
 II.白書にみられる医療環境に対する現状と展望

 

作 成
肺生理専門委員会 在宅呼吸ケア白書ワーキンググループ

 

発 行
日本呼吸器学会 代表 永井厚志

 

編 集
肺生理専門委員会 在宅呼吸ケア白書ワーキンググループ